呼び出しベルの活用方法は多様化しています!業務改善に役立てよう

呼び出しベルの活用方法は多様化しています!業務改善に役立てよう

来客者への配慮となる呼び出しベルを設置しよう

銀の呼び出しベル

お店や事務所や来客者が多い各種施設においては、呼び出しベルを設置して来訪者への配慮が必要になることが多いでしょう。大きな施設ではコールシステムが整っていることが多いのですが、個人のお店や事業所などでは未設置のケースが多いのではないでしょうか。来客した人が大声を張り上げなければならなかったり、スタッフが近くにいなくて戸惑ったりといったことがありますから、ぜひ呼び出しベルの設置を検討していきましょう。
呼び出しベルは比較的安価に準備できるものも多く、ネットで探すと種類が豊富にあることが分かります。最も安くて簡単に準備できるものは、手動で押して鳴らすベルです。カウンターなどを準備してその上に置くだけで、来客者も気付きやすく、声を出さずにスタッフを呼び出すことができます。小さな販売店などでスタッフが常にお店に在籍していない場合などに、おすすめのタイプです。
手動のものと比較して、よりしっかり呼び出し音をキャッチできるのが、ワイヤレスで使える呼び出しベルです。手動ベルの音は鳴らす人の力加減で音の大きさが異なるので、聞き逃す心配もあります。また環境によっては、聞こえにくいこともあります。しかしワイヤレスタイプの呼び出しベルは電子音で、音量も調節できます。確実にスタッフがいる場所に受信機を設置すれば聞き逃しの心配がほぼありません。来客者を待たせることなく、素早く対応できます。

工場内の作業者間の合図に呼び出しベルが活用できる

工場と一口にいっても規模は様々であり、生産ライン自体が物理的に長いこともあります。たとえば1ラインをオペレーター2名以上で動かす際、連絡手段に困ることもあるでしょう。そこで、呼び出しベルといったコールシステムが活用できます。一般的には電話やトランシーバーといった手段が最適と思われるものの、電話を掛ける手順の教育に手間取ったり、工場内の動力設備からのノイズでそもそも通信が上手くできないこともあります。
しかし、呼び出しベルならオペレーター間の合図のために無駄な手順をとることもありません。呼び出しベルのボタンを押すだけの簡単操作です。呼び出しベルの音や回数をルール化することで、ラインの運転動作の開始や停止の合図に活用できます。わざわざポケットから電話を取り出して番号を押すという無駄もなく、素早く意思疎通を行うことができます。また、呼び出しベルなら通話中の音質や音量を心配することもありません。工場のように騒音のせいで音声通話に支障がでる場合でも、呼び出しベルなら安定した音量で知らせてくれるだけでなく、表示盤などでの情報伝達も可能です。さらに、ボタンを押すだけの簡単な操作は、手袋をはめたままの作業が必要な環境にも最適です。工場内の連絡手段を未だに大声で行っている、あるいは電話などの通信端末に投資ができないというなら、コールシステムを導入してみましょう。

少ないスタッフでの店舗運営には呼び出しベルが活躍します

少ないスタッフで店舗運営を行うことは、法人や個人の経営形態を問わず小売業にとって大きな負担となっています。スタッフが少ないことは、業務負担に繋がるだけでなく、お客さんからすればサービスの不満につながることもあります。そこで、少ないスタッフでの店舗運営にコールシステムを導入してみてはいかがでしょうか。
飲食店においては、お客さんが席に居ながらスタッフを呼びやすいように呼び出しベルを設置することが多くなっていますが、実は飲食店だけでなくスーパーやホームセンター、アパレル店など様々な小売販売店にも応用が可能です。ホームセンターなどでは店舗面積に対して常時働いているスタッフが少なく、お客さんがスタッフを探し難いという問題があります。しかし、各売り場に呼び出しベルを設置することでお客さんはスタッフを探し回ることがなくなり、スタッフも速やかに対応できるようになります。呼び出しベルの受信機がワイヤレス化されスタッフが個々に携帯できるコールシステムなら、対応待ちか対応中かもシステム上で把握することもできます。対応が放置されてしまうこと、逆に複数のスタッフが駆けつけて無駄が生じることもありません。管理者が離れた場所からでも確認でき、スタッフに個別指示ができるタイプもあるので、コールシステムを活用して店舗運営を効率化してみてはいかがでしょうか。

ピックアップコンテンツ

クリニックでの混雑解消や感染対策に呼び出しベルを活用しよう

クリニックなどの医療事業者にとって、診察待ちの混雑は様々な問題につながることもあります。患者さんのストレスになるだけでなく、待合室に入りきらない、感染症蔓延のリスクがあるなどの問題を解決するのであれば、コールシステムを導入してみてはいかがでしょうか。 コールシステムを導入すれば、診察待ちの患者さんに呼び出しベルの受信機を持ってもらい、任意の場所で待機してもらうことが可能になります。これならば、特定の一か所で長時間待機することがなくなる上、混雑による感染症の…

呼び出しベルの設置によって多様な課題の解決が可能になる

呼び出しベルとアルコール

職務遂行の現場ににコールシステムを導入することで、様々なタイプの異なる業種において、幅広い課題の解決策となる可能性は大いにあります。例えば、呼び出しベルを設置した飲食店では、お客様と店員とが必要…

くわしく読む

リラックスして利用してもらえるよう呼び出しベルを導入しよう

接客をする女性

お客様にどんな接客サービスを提供するかによってお店の人気が大きく左右される業種は様々です。レストランやカフェなどの飲食系の業種全般はその典型と言っても良いでしょう。こうした業種では、コールシステ…

くわしく読む

現場での迅速なトラブル対応に役立つ!呼び出しベル活用術とは

笑顔の男女

業務の円滑な遂行のためには、イレギュラーな事態にいかに手際よく対処して早期解決を図るかが大切なファクターとなってきます。特に、初期対応が遅れて大きなトラブルに発展しそうな問題については、早いうち…

くわしく読む
TOP